お役立ち情報

セリアル?製造年週って何?履いた期間とは違うの?

公開日:2017-06-05
こんにちは!

買い取り担当の西村です。

第3回目です。本日は、タイヤのセリアルについてのご紹介です。

このセリアル、実は査定においても溝やタイヤの状態に続いて、とても大事な要素になっています。

それでは今回は副店長とともに見ていきましょう。
副店長
西村君~。このタイヤのセリアル教えて~。
新入社員の西村君
副店長。セリアルって何ですか?
副店長
あれ?まだ店長からセリアルのことは聞いていない?
西村
タイヤのサイズの見方は教えてもらいましたけど、セリアルはまた今度ということでした。
副店長
じゃあ、簡単に説明しようか~。
セリアルっていうのは製造年週と呼ばれるもので、そのタイヤが何年の何週目に作られているかを表す数字なんだ。

こんな感じだね。
西村
1999年以前と、以降で表記が異なるんですね。
副店長
そうだね。
1999年以前の製造番号では、下3桁(例249)の数字で製造年週を示していて、
最初の数字24は週(15週目)、最後の数字9は年(1999年)という意味だね。
最後に△がついているのが1999年以前のものという表記なんだ。
最近のものは、下4桁(例0604)の数字で製造年週を示していて、
最初の数字06は週(6週目)、最後の数字04は年(2004年)という意味になる。
西村
年と週が逆になっているんですね。。。
でもこの製造年週なんのためにあるんです?
副店長
タイヤも食材なんかと同じく、消費期限みたいなものがあるんだ。
輪ゴムを長い間放置していて、何かの拍子に使おうとしたらぶちっと切れてしまった事はないかい?
西村
あります!ボロボロになって切れちゃうんですよね。
副店長
それと同じことがタイヤにも起こるんだ。いくら溝が残っていても、タイヤのゴムが時間とともに劣化して強度が弱くなってしまうんだ。
よく、経年劣化とか言うね。
劣化してしまったタイヤは、グリップ力がなくなったり、スタッドレスであれば効きが悪くなったりするんだよ。
西村
なるほど、それを判断できるように製造年週があるんですね。
副店長
そういうことだね!また今度、タイヤの寿命がどれくらいかとかいうのも教えてあげるよ。
じゃあ、このタイヤの製造年週を教えてくれるかな?
西村
ありがとうございます!
このタイヤ製造年週は、2011年35週製造です!
副店長
うん。よし。
製造年週、お分かりになりましたでしょうか。
表記が週と年に分かれており、逆になっているのでわかりにくいかもしれませんね。

中古のタイヤだとよく起こるのですが、「去年アウトレットで購入して9部山残っている!」という状態のタイヤでも、
製造年が5年も6年も前だったということがよくあります。

自分のタイヤが何年製造なのか、一度確認してみてください。
次回のタイヤの寿命についてと合わせると、替え時、売り時なんかが分かってくると思います!
では、また次回もお楽しみに~。

LINEで査定

WEB査定申込

電話でタイヤ買取査定申込!

お問い合わせ・査定の申し込み

タイヤ買取ジャパンでは全国から買取の申し込みを行っていただけます。
買取についてのご相談・ご不明点など、ぜひお気軽にお電話ください。

お問い合わせ・査定の申し込み
個別ページです 投稿ページです 通常の投稿ページです